退化の改心

9月14日

BBC Learing English


voanews.comのラーニングコンテンツ


facebook




>仕事で極東を訪れたネリエールが、グロービッシュの形式を整える必要性を感じてのことである。ネリエールは1989年に「グロービッシュ」という語を使い始めた。

ネリエールの提唱するグロービッシュは標準的な英文法であり、語彙には使用頻度の最も高い英単語1500語が使用される[2]。ネリエールによると、グロービッシュそれ自体は「言語では無」く、「道具」であるが、むしろ英語を母国語としない者が国際ビジネスに適応する為に生み出した共通語といえるだろう[3] 。国際ビジネスからとりのこされない為には、英語話者はグロービッシュに適応していかなければならない、とネリエールは指摘している。ネリエールは Don't Speak English, Parlez Globish (2004, Eyrolles, Paris) を始めとした数多くの著書で、英語が形を変えて世界中で使用される現象について触れ、体系化している。 全てグロービッシュで書かれた最初の本であるGlobish The World Over (2009, IGI, Paris)は、ジャン=ポール・ネリエールとデービット・ホンの共著であり、日本語 (『世界のグロービッシュ』石橋明子/ヤン・アシコイ訳) を含む数カ国語に翻訳されている。2004年、グロービッシュを言語として体系化するための編纂作業をネリエールが始め、プレスから注目を浴びるようになった。

[PR]



# by sutatori | 2010-09-13 20:17

今日のお勉強

アンモニアの特徴
・空気より軽い
・水に溶けやすい
・刺激臭がする

集め方は上方置換
塩化アンモニウムと水酸化カルシウムの混合物を加熱し、発生させる


フッ素
室温で淡黄色の気体で、水素化合物(フッ化水素酸)の水溶液はガラスを溶かす

ph7は中性
ナトリウムを水に触れさせると爆発する
[PR]



# by sutatori | 2010-08-28 19:38

勉強用メモ帳代わり&日記帳
by sutatori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
化学
国語
英語
世界史
未分類

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

9月14日
at 2010-09-13 20:17
今日のお勉強
at 2010-08-28 19:38

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧